14/12/24 千葉県I様 より


お待ちかねの器が届きました。
丁寧な梱包のおかげで綺麗な商品です、有難うございました。

思ったより平面的だったり(急須)、大きかったり(水玉カップ)で、ちょっと
不安に入り混じった気持ちで開封する時のドキドキ感も半端なく楽しいひと時で
した。
店舗ではきっと選ぶことができず見過ごしたり、迷ってそのままになったりする
ことがあります。

ネットでの買い物は手にとることはできないけれど、じっくりと検討できるし、
時に、商品以上に価値を感じてしまうのかもしれません・・・ふふ。
又改めて、持っている器も見直すいい機会になり、一緒に取り混ぜて楽しみたい
と思います。

最近一人で食事する事が多く、食生活が疎かなっている事が気になっていました
ので、この
お気に入りの器類を手にして、幸せなひと時を過ごしたいと思います。

貴社のメール上で、使用方法が実に詳細に書かれてありましたね。出来る範囲で
取り扱い大切にします。

この度はどうも有難うございました。

赤絵の小皿をソーサーとして、湯呑と一緒に使用していますが、湯呑を置く時に
カランと素敵な音がしますね♥。・゜♡゜・。♥。・゜♡゜・。♥。

和食器屋さんすい 店主 より


ありがとうございます。インターネットに限らず印刷物などの通販は、テレビやラジオなどのそれと違って皆様への訴えかけは強くありませんが、ご自分のペースでじっくり考えてご検討いただけるという長所があります。 もちろん現物に触れる事ができないという通販ならではの短所もあります。 加えて手仕事のお品は、個体差もあり、それをいかに克服するかで毎日努力しているわけなんです。

リピーターの皆様に共通している事は、そのイメージとの若干の違いやドキドキ感などを何だか楽しんでいらっしゃるという事ですね。 もちろんそれに甘えちゃプロとして恥ずかしい事なのですが。 ちょっとした「人生の達人」のような気がしてならないのです。 手仕事の和食器やガラス食器の通販を始めてからというもの、今まで以上にそれを感じます。 しかしながら私共はイメージとお届けしたお品の違い0を目指して毎日頑張らなければいけません。

さて、「取扱いのご案内」に関しましては、「およそ」で結構なのでお目をお通しいただいて「ふぅ~ん」とうなづいてくださる程度でかまいません。 女将もプライベートでは、食洗機をガンガン使っている和食器もたくさんあります。 ただ皆様には「石橋を叩いて渡る」ご案内をしなければならない事をどうぞお許しくださいませ。 I 様に五感で楽しんでいただける器をこれからもご紹介してまいります。 どうぞよろしくお願い申し上げます。もう一度心より感謝。