埼玉県 M様 より


こんにちは!年末はご心配かけて申し訳ありませんでした。

今回、購入しました赤絵花舞茶碗、赤絵花弁小鉢、赤絵花舞とんすいの写真です。

ふつうの家庭料理も温もりのある色合いの赤絵の器に盛りつけるとおいしそうに見えるから不思議ですね。

時間をかけて選んだ器なので大切に使いたいと思います。

和食器屋さんすい 店主 より


M様、素敵なお写真とお便りありがとうございます。
なるほど前列3つがおとなの和食器屋の赤絵ですね。
いやぁそれにしても美味しそうだ事・・・。 「人間は皆、家の味に帰る」と、どなたかがおっしゃっていましたが、店主も最近それをひしひしと感じます。
遠出から帰って女将のお料理をいただく時には、美味しいというよりホッとしますね。
ご家庭のお料理とは実はとても大事なもののような気がしてなりません。

赤絵が5品も同じ卓に並ぶと、ふつうはちょっと引くものなのですが、そう感じさせないのは赤の面積を全体で抑えていただいているからでしょう。
このまま春夏の食卓でも決しておかしくないという、まこと赤絵の器好きにはなぁるほどと感心してしまう食卓ですよね。
拝見する私共まで幸せになりそうなお写真とお便りにもう一度心より感謝申し上げます。