和食器のご感想 17/03/07 福岡県 I 様 より


先日、店舗とネットで購入した器達、毎日大事に使わせていただいています。

桃の節句では、私に使いこなせるかなーと思っていた赤絵あけぼの大鉢にちらし寿司がピッタリで、嬉しくなって写真を撮りました。
後ろには織部の小皿に手作りのイチゴ大福を。DSC_2497

最近は買い物の際に、この材料であれを作って、あの器に…と器のことを考えながらメニューを思い浮かべるのも楽しみになっています。

5歳の息子は赤絵小鉢茜をとても気に入っていて、自分で食器棚から器を取り出し、イチゴを食べるのが至福の時のようです笑

また木灰釉片押大皿は、タイムセールのお刺身がとても上等なものに変身してしまう魔法のお皿ですね!晩酌が豊かで贅沢な時間になり、我が家では大活躍しています。DSC_2430

他にも購入した器のことを色々とお伝えしたいのですが、とてーも長くなりそうなのでまた…笑

和食器屋さんすい 店主 より


実は坊やが苺をほおばるそれはそれはカワイイお写真いただいたのですが、それはまたの機会に・・・(^^; ホント、我が息子もこんなにカワイイ時代があったんだろか?と女将と勝手に懐かしく語りあったものです。

I様、沢山のお写真と素敵なお便り本当にありがとうございます。あけぼの大鉢は実はご飯ものがとても映える和食器で、それだけではなくスプーンでもスクイやすくとても実用的。 それにしても温かいお寿司だこと・・・家庭でお母さんが作る心温かいお寿司って意味です。 お子様の心の奥底に静かにでも確かにしっかりと刻まれるんですねこれが。

フフフ・・・実は女将もタイムセールの達人です。 行きつけのお店のどこに何があるかと、いつタイムセールになるかを熟知しています。 だから別のお店に連れて行くとひどく疲れて帰ってきます(^^;  お言葉通り、この灰釉シリーズは魔法使いのような存在ですね。 料亭や和菓子などのプロからも絶対的な人気のあるのもうなづけます。

飴釉にはサラダの色合いがとても合いますし、黒釉足付き特大鉢ならではの豪快な盛り付け・・楽しく考えてらっしゃるI様のお姿が目に浮かぶようです。

またどうぞご感想たくさんお聞かせくださいませ。お待ち申し上げております♪

素敵なお写真と温かいお便り・・・そして坊やのカワイイ笑顔にもう一度、心より感謝申し上げます。

DSC_2474

DSC_2435