和食器のご感想など福岡県I 様 16/09/06 より


「おとなの和食器屋■さんすい」 乙木 さま

I です。いつもお世話になっております。
連絡遅くなり、申し訳ありません。昨日、商品を受け取りました。
ガムテープを外して段ボールを開くと商品が整然と収まっていて美しかったので、しばらくこのままにしておこうと思ってしまいました。
きっちりとしているのを見ると、とてもよい気分になります。

気を取り直して、商品を開梱しました。

まずは赤絵茶碗蒸し器です。 第一印象は「大きいんだあ!」です。決して悪い意味ではありません。 よく見かける磁器の茶わん蒸しの器くらいの大きさだと勝手に思いこんでました。
このサイズだと私の場合は茶わん蒸しよりもおしるこやぜんざいで使う機会が多くなりそうです。
(実は卵があまり好きではないので、茶わん蒸しはそんなに作る機会はないのです。)
サイズ以外は想像とおり、とても素敵です。ずっと手にとって眺めています。

つぎは刷毛目雲の取り皿です。
アースカラーで彩られた絶妙なバランス大好きです。Webサイトの写真は若干明るめですね。実物は写真よりもトーンが抑えられて100%私好みです。お皿の大きさは複数食材の盛り付けができる大きさなので、このお皿が活躍すること間違いなしです。

最後に取り出したのは刷毛目雲の大皿です。
刷毛目雲の取り皿の色合いをこの大皿に合わせて選んでいただいたこともありベストマッチです。
取り皿と大皿を並べてひとりニヤニヤしています。和テイストが主張されすぎずどんな料理でも合いそうです。

取り皿、大皿と揃うと豆皿まで触手が動きそうです。 豆皿は次の機会にでもと考えています。 次の機会は、水玉ミルクピッチャーと共にすぐやって来そうな予感。

この度はどうもありがとうございました。 幸せな時間をいただきました。

今後ともよろしくおねがいいたします。

和食器屋さんすい 店主 より


I 様、お言葉ありがとうございます。

お品の底を磨いたり(これは男性の力がものを言います)全体を整えるのは店主が主に
器をひとつひとつ洋紙と緩衝材で包むのは女将(送り状を手書きするのも女将)←今時手書き?
段ボールに新聞のお座布団を作ってそのうえに器を並べて横にも緩衝のためにお座布団を入れて・・・封をして・・は主に店主の役目。

とまぁ、そんな具合の家内分業なのですが、
「段ボールを開くと商品が整然と収まっていて美しかった・・」などとお言葉をいただくと、言葉がないくらいに嬉しい店主なのであります。 (これからもキッチリやらせていただきます)

それぞれのお品についても私がコメントする必要がないくらいに丁寧にまた正確に頂戴しました。ほんに何も申し上げることはございません。

申し上げるとすれば、「あちゃ~卵が苦手でらっしゃったんですね」
とは言ってもそれでお勧めする和食器が違うわけでもないのですが(^^)
覚えておくべきは刷毛目シリーズではやや抑えめトーンがお好きだということ。 次回ご送付の際は気を付けます。 このシリーズは窯ごとにトーンに動きがありますので、イメージにある程度の違いがある場合は写真撮影してご案内しております。

これからもI様に素敵な微笑みをいただけるよう、精進してまいります。 どうぞよろしくお願いします。 もう一度、心より感謝申し上げます。