和食器のご感想など 14/05/10神奈川県O様 より


大人の和食器屋、さんすいの女将様
こんばんは。
今日注文の品々が無事に到着致しました。
宅配の方から宝箱を受け取ってリビングに運び、私はいつも正座をして一呼吸してから封を開けます。今回もとても綺麗で芸術的な梱包に感心しながら、一つずつゆっくりと包装を外しました。

初めに出てきたのは黒荒目浅鉢。「うわぁ素敵!」と思わず声が出ました。灰釉たわみ浅鉢と同じくらいの大きさかと思っていましたが、一回り大きいのですね。これもまた使い道が沢山有りそうです。そして次に赤絵の飯碗。大、中、小の順に出てきて入れ子風なのはお心遣い頂いたのでしょうか?大は主人、中は娘、小を私が使おうかと思います。小は赤が濃くて形もきゅっと締まりがあって私好みです。

最後に村越氏の大皿の包装をほどきました。
貫禄!偶然できたと言う三日月模様を上にしたり下にしたり…私は窪みを斜め右下に置いて三日月が下に来る景色が綺麗だと思いました。
そして、一つ一つ「いらっしゃいませ」と声を掛けて丁寧に洗いました。
早速今晩使います。村越氏の大皿にはお刺身。黒荒目浅鉢にはお野菜を色とりどりに千切りにして牛肉サラダ、赤絵の飯碗には豆ご飯を盛り付けようと思います。

大人の和食器屋さんの器はどれをとっても素敵でネットで出逢えた事は私の財産となりました。これからも乙木ご夫妻が選び抜いた素敵な器を楽しみにしています。

和食器屋さんすい 店主 より


O様本当にありがとうございます。 今回のお便りを拝見して、本来当たり前の事なんですが蓋を閉めるまで気を抜いてはいけないとあらためて思いました。 ダンボール箱の蓋を開けてくださる時から、物語は始まっているのですから・・・。 正座して封を解いてくださっているなんて、店主と女将は幸せ者です。でも一番幸せなのは器たちなのかもしれません。  赤絵花舞茶碗の大きさ。 すみません、私が以前O様にご家族の事をお聞きしていたので、間違いなくご家族の数だと思い、それならばほんの少しだけ大きさに変化をつけてみようと選びました。 もっとも作り手は同じ大きさで作っているつもりですので少しの差ではあるのですが・・。(^^; 一品市のゲット、おめでとうございます!。 プロの料理人の皆様にとても人気のあるシリーズですので、パスタ大皿と名づけてはおりますが、お刺身は得意中の得意。 きっと素敵な食卓だった事でしょう。  身に余るお言葉をいただき、恐縮しております。 これからもご期待に沿えるようにがんばってまいりたいと存じます。