和食器のご感想と励ましのお言葉 静岡県I様より より


無事お品が届きました。
いつもながらのさんすい流、箱入り娘お嫁入り風荷造りありがとうございます。

黒釉野の大鉢

予想を超える力強さでした。この大鉢なら、予定していたまどかのビーフカ
レーと札幌で何度か食べた
スープカレーのコラボで、ミセス乙木の黒のカレー皿のイメージもお借りして
(^_^)、大ぶりの野菜をドーンと飾ってあげたら黒が映えるかな・・・、サーモンやホタテのマリネもいけそう・・・などと料理のイメージをかきたててくれるパワーを持っていますね。もう少し厚みを控えめにして頂けると、私のようなシルバー世代にはなおよろ
し・・・(^_^*)

織部飯碗と豆皿

私が織部にはまったのは、さんすいさんのしっとりしつつモダンな、奥行きを感
じさせてくれる織部の品揃えに引き寄せられたからだと思います。今回の椿の飯碗は、5年ほど前に頂いた2点に追加でほしいと思っていた矢先の再入荷で、絵は椿ですが初夏から風が心地良い季節に自然と手が伸びる品です。
そしてお揃いの豆皿、なんて可愛いこと! 小さい存在のはずの子役が光ってい
ます。この作家さんの仕事は本当に丁寧ですね。

さんすいさんの器は、じっくり吟味するに値する底力を持っていますね。
マンネリ化してきた主婦のモチベーションを高めてくれます。
時にたわ言をのたまう乙木さんをさらりと受け流しつつ、なんでもこなせるミセ
ス乙木の底力にも敬服しております。
作家さんのためにも、私のようなくたびれてきた客のためにも、逸品揃えの器屋
さんとして、二人三脚で頑張って下さいね。

和食器屋さんすい 店主 より


I様、和食器たちの詳細なご感想と温かい励ましのお言葉、誠にありがとうございます。

黒釉野の大鉢の厚みにつきましては実は賛否両論ございまして(^^;  どうしたものか・・・現在でも試行錯誤してます。 もうしばらく迷わせてくださいませ。

織部二品についてありがとうございます。 ほんに嬉しい限りです。 これらの織部釉のお品たちは、決して奇をてらう事なく織部の美しさを愚直に追及している点でとても評価できるのではないかと思うのです。

店主と女将に温かいお言葉、ありがとうございます。 ご推察の通りで、女将は真面目な働き者でアタシは毎日何をやっているのかわからないと言われています。 真面目に働いているつもりなんですが、傍からはそうは見えないようです。

まぁそれで何とかここまで仲良く?やってきましたのでヨシとすべきなのかもしれません。 「赤い糸」も少し伸び縮みしてくれるゴムみたくなるといいなぁ・・・などとまた戯言をブツブツ言いながらお仕事させていただいております。

これからもマイペースではありますが、皆様にご紹介をしてまいります。 よろしくお願い申し上げます。 温かいお言葉にもう一度、心より感謝申し上げます。天に向かっても深く感謝。