和食器のご感想 16/08/31 東京都M様 より


こんにちわ。
器、無事に届きました♪
丁寧な梱包、どうもありがとうございます。

ワクワクしながら開けてみると・・・

鉄織部のフリーカップは、想像以上に大きく、
織部の浅小鉢は、想像よりも小さく

あれ?

と、思ったのが最初の印象です。
が!! この小鉢の大きさ・・・私大好きなんですよ☆
食器棚にある小鉢をいくつか取り出しても、みんなこの直径(汗)。

むしろこの大きさでよかったです♪
高台が少し高いことがメチャメチャ可愛く、料理が美味しそうに見えます。

鉄織部のフリーカップは、鉄色部分がもう少し赤みがあるのかな?と思っていたのですが、結構茶色で、それがまた緑や白の部分と相まってアースカラーな落ち着く感じでした。

かなり大きいので、カフェオレボウルなんかが似合うかな。と思い淹れてみました。
アースカラーなだけあって、ベージュ色になったコーヒーが、ジャングルの中のアマゾン川な感じでテンション上がりましたyo♪

浅小鉢もフリーカップも、存在感はメチャメチャあるのに、既存のお皿に溶け込んで食卓に馴染んでおります。
どうもありがとうございました。

以前、さんすいさんで買った織部の小皿に、大好きな梅ヶ枝餅とコーヒフロートでおやつです。
梅ヶ枝餅は、太宰府名物なんですよね。
まだ行ったことがないので、本場で美味しい梅ヶ枝餅を食べつつ、さんすいさんのお店に伺える日を楽しみにしています。

kokoroomail_06_08_31

和食器屋さんすい 店主 より


M様、貴重なお便りをありがとうございます。

ン~~(^^; 大きさの表現はなかなか難しいですね。でもさらに改善してみます。実は以前までは器の大きさなどについては、店主や女将の主観的(感じたまま)の意見はあまりよくないと思い最少限にとどめていましたが、今回のM様のお便りを拝見して、もっと素直に入れるようにしました。と申しますのは、鉄織部フリーカップについては私共も同じように感じたからです。でも数字(大きさ)は変わっていないわけですから、これはもう和食器たちが持つ色やページの表現・写真内の配置などによるものかと思います。誠、通販も奥深いです。

今回お求めいただいたふたつのお品はどちらも人気があり入荷数も少ないので、喜んでいただくと「ヤッタ~~」と手をたたきたくなる女将と店主なのであります。

こ・・このコーヒーフロート、アタシが今すぐいただきたい程、脳に( ̄。。 ̄)香りが漂って・・・

いや

ありませんか? 目の錯覚ならぬ鼻の錯覚・・・本当に今漂ってるんです。

梅ヶ枝餅とコーヒーフロートの味のコラボも想像するにぴったしカンカン。
あの太宰府天満宮参道のスターバックスさんのような雰囲気です。
太宰府のこのスタバさんの建物は、「自然素材による伝統と現代の融合」というコンセプトで作られたそうで、東京オリンピックメインスタジアムを設計された建築家 隈研吾氏の手によるものなのですが、「梅ヶ枝餅とコーヒーフロート」も同じ伝統と現代の融合・・・って少し大げさでしょうか。(^^;

M様が梅ヶ枝餅をご堪能され、当店にお越しになる日を夢見て・・・
もう一度心より感謝申し上げます。