お客様の声|レビュー

皆様から【おとなの和食器屋 さんすい】にいただいた「大切なお声」は、掲載のご了承をいただいうえで、プライベートな部分を省略したり投稿者様のご要望による変更を除いては、出来る限りそのまま掲載させていただいたおります。(都合の良い改ざんや、それに類する行為は一切いたしません)

シンガポール I 様より 冒険してよかったとの声 17/04/09 より


乙木様
この度は素敵な食器たちを送って下さりありがとうございます。お礼が遅くなりすみません。
食器たちは全員無事で、早速使わせて頂いています。 私にとって少し冒険だった木灰釉へうげもの片口小鉢はお漬物専用小鉢にしています。毎日の食卓をほっこりとさせてくれるムードメーカーの様な存在です。
白粉引き輪花浅鉢も黒波目楕円取り皿も丁度良い大きさで、和にも洋にも合い、大活躍です。どれも大切に長く使っていきたいと思います。
HPには魅力的な器が沢山でどれもこれも欲しくなってしまいます…
食器棚とお財布と相談しながら、また注文させて頂くと思いますので宜しくお願いします^_^

和食器屋さんすい 店主 より


I様、ありがとうございます。 こちらこそ、お礼申し上げるのがすっかり遅くなってしまいました。大変失礼をいたしました。
私もそうなんですが、いつも使うものとはちょっと違うもの・・・例えば一番身近なのはお洋服ですね。これまでの自分の揃えたラインナップとちょっと違うものを買うときは小さな冒険ですね。 私も数年前に赤系のシャツを買ったときは女将が目を丸くしていました(^^;。 でも今じゃエンジ・オレンジ・真紅と赤系だけで3枚あるんですよ。ホントに。何だか元気でるんですよ。 今回のI様からのお便りを拝見してそんな事を思い出していました。小さな冒険の積み重ねは人生を豊かにするコツなのかもしれません。

さて、その冒険の相手、木灰釉へうげもの片口小鉢(初めてご覧になる方、「ひょうげもの」と読んでください)はその名の通りユーモアたっぷり、それでいて存在感もしっかりの個性派俳優といったところです。まさにムードメーカーですね。
対して、白粉引き輪花浅鉢や黒波目楕円取り皿は美貌の女優とハンサムでちょっと渋いイケメン。ってとこでしょうか(^^) この二人・・アいや二種の和食器は、和洋中どんなお料理にも、それからガラス食器との相性も抜群なんです。 どんなドラマでも主役級になれるんですね。 どうぞ長く長く沢山I様の舞台(食卓)に出演させていただきますよう、お願い申し上げます。

実は、私も女将もシンガポールには大昔何度が伺いました。 温暖で様々な民族の皆様が生活される美しい都会という印象でした。 アジアの優等生として変貌をつづけていると聞き及びます。 マーライオンは移動して大きなホテルができてセントーサ島は観光開発が進んで・・。 またいつか訪れてみたいですね(^^)

器たちの次の活躍を夢見ながら、もう一度、心より感謝申し上げます。

目指すは名旅館! 東京都T様からの和食器のご感想など より


乙木様

本日、無事にスープボウルとガラス小鉢が届きました。
ありがとうございました。

春夏用に購入したので、今からどんなお料理を盛り付けようかワクワクしています。

今後ともよろしくお願い致します。

※添付の画像は今夜のお料理の一部です。
目指すのは、名旅館の朝ご飯・晩ご飯のイメージなんです。

_20170325_211824_2RXV01088_2

和食器屋さんすい 店主 より


T様、いつもありがとうございます。蛍烏賊と菜の花でしょうか? 海鮮青菜好物人間としてはたまらないお写真です。 ご飯とこれは山葵でしょう。この線引き飯碗の色と溶け込んでいてその間に真っ白のご飯があり、これもまた素敵であります。

毎日のお料理に限らず、仕事も子育ても何でも受け身になっちゃうとついストレスの元になるのですが、少しでも目指すものがあると~心の風景~はガラリと変わるもの・・・。
今回の素敵なお便りを拝見して思った次第です。

さてT様、名旅館のスープボウルとガラス小鉢のお膳、店主と女将は超期待しております。  心待ちにしながら、もう一度心より感謝申し上げます。

 

この緑釉スープボウルのお写真は後日頂戴いたしました。美味しそう・・・(^¬^)

RXV01159
ジャガイモとかぶのスープ、そこにあおさのりをパラパラと振りかけました。

粉引しのぎ角大皿についてのご感想 17/03/30 福岡県G様 より


いつもありがとうございます!
前回の白の大きい角皿最高です!
朝から子供達がその白いお皿で朝食を食べると、心が明るく元気になるなと感じてくれたらいいなと願いをこめて出してます!
盛り付けがどのお皿も本当に楽しいです!
幸せな時間を頂き、本当に感謝しています!ありがとうございます!

和食器屋さんすい 店主 より


G様、ありがとうございます。 お皿も沢山の種類をお求めいただきましたので、ご紹介はそのほんの一部だけにしておきます(^^;

「三つ子の魂百まで」と申しますが、幼いころに食べたご飯の味同様に、和食器も無意識に記憶の中に染み入っていくものです。 食器って何度も何度もお使いになるでしょう?だから必ず染み入るんです。 で、大人になった時の好みやセンスに確実に影響するんですね。 実は私は学校ではちっとも勉強しないデキン坊主(劣等生)でしたが、幼いころに母が通わせてくれた絵画教室・オルガン教室、そして良く買い与えてくれた伝記などの本・・・このおかげて今お仕事させていただいている基礎をもらったと思っています。 まぁオルガン教室は仕事ではなく趣味のギターや親父バンドで役にたっていますが(^^ゞ  まぁとにかく人生、何が役に立つか、何で豊かになるかわからんもんですね。
それから家族っていつもできるかぎり「愉快」なのが一番だと思っています。そのためには中心になるお母さん(G様や女将です)が愉快だと、まず間違いなく家族みんな愉快になると私の長~い家族生活の経験上確信しております。 お届けした和食器やガラス食器たちでG様を愉快なお気持ちにお誘いできた事をちょっとガッツポーズ!! ってところでしょうか。

ずいぶんとおしゃべりしてしまいました。 ご家族のとびっきりご機嫌な笑顔を思いながらもう一度、心より感謝申し上げます。

通販での和食器のご感想 17/03/26 千葉県 I 様 より


乙木 様 奥様
お世話になっております。ご連絡が遅くなり、すみませんでした。
無事に届いております。
第一印象は、地の色が、思っていたより白くはないんだな、ということでした。
でもそれは、イメージしていたものと少し違っていたというだけのことです!
届いて数日後に来客がありまして、さっそく使わせていただきました。お皿の力を借りて、テーブルが春らしい感じになりました。ありがとうございました。
木のトレイ ビーンズミニが気になっております。浅めの大皿も検討中です。またどうぞよろしくお願い致します。

和食器屋さんすい 店主 より


I様、いつもありがとうございます。 お便りに感謝申し上げます。
通常赤絵の和食器というと秋冬の季節に目立つようですが、この淡いピンクの淡花シリーズは逆にこれからの季節に大活躍する特別な赤絵の器たちだと思います。
そうでしたか・・・いわゆるキャンパスの部分が思ったよりアイボリーに近かったのですね、早速写真をチェックして若干の修正をさせていただきました。 普通、撮影は光量の多い環境で行います為に特に今回のようなほんのりアイボリー系の白の和食器たちは明るめに見えてしまう事が多いようです。 大変申し訳ございませんでした。 また、ご指摘に心より感謝申し上げます。
これから桜をはじめ様々なお花が咲く季節。 どうぞ沢山お楽しみいただきますよう。木のトレイビーンズもご用意して(^^)お待ち申し上げております♪。
もう一度、心より感謝申し上げます。

追伸
浅目の大皿ってどれでしょう・・・気になって眠れなくなりそう(^^;な店主なのであります。

 

通販でご購入いただいた和食器のご感想 17/03/19 福島県E様 より


こんにちは。
先日、お茶碗とマグカップ等購入させて頂きました。
細い説明で安心して購入することが出来ました。
届いたお品達はお写真通りで見た途端、器のフォルムと質感にちょっと感動して不覚にも涙が浮かんでしまいました。
マグカップは客用に買ったつもりでしたが、いつ来るかわからないお客様のために棚に閉まっておくのは勿体なくて自分用に変えました(笑)
お茶碗も小学生の娘と自分用に使わせて頂きます。

今度は主人と息子の茶碗を頂きたく先程注文させていただきました。
うちの食器棚の全てをさんすいさんの器たちにしたいくらいです。
たまたま見つけたさんすいさんのサイトでしたが出逢えて良かったです。
これからもよろしくお願いします。

和食器屋さんすい 店主 より


E様、ありがとうございます。
さんすいからお届けする荷物を開けていただくと「幸せをそえて」と文字が見えると思います。お顔を拝見しながら直接お手渡しできない通販だからこそ、お届けした和食器やガラス食器たちが小さな「幸せ」の種となってくれるようにとの想いからです。 今回E様の綺麗な目を潤ませていただいた事も、きっとその「幸せ」のひとつだと身勝手に思って、明日からの大切な心の糧とさせていただきたく存じます。 お知らせいただいた事に重ねて感謝申し上げます。
そういえば高校野球の季節なんですが、あれはもう目頭が熱くなってしまっていけません。しょっちゅう目を赤くして女将から笑われています。最近は子供たちのガタイが大きくなりすぎたのがちょっと興冷めするのですが・・・。まぁ野球に限らず一生懸命な姿は本当に感動の涙を誘います。  ってアラアラ(^^; 何の話だか・・・

今回頂戴した「いつ来るかわからないお客様のため」というお言葉、実はとても意味深いのではないでしょうか。 「使ってこその器」 時代の変遷を経て父より二代にわたって貫かれているさんすいの静かな思いなんです。 もちろん飾る為に作られた品は飾ってこそのお品。いずれにしても倉庫や食器棚にしまわれている間はただの無機質な物という考え方です。だからご来店くだすったお客様にもあまりセールストークはしません。逆に「本当に愛して使ってくださいますか?」と心で問いかけながらご説明します。
というわけで、今回の器がご自身と可愛いお嬢様用になりました事、心より嬉しく存じます。

E様、頂戴しましたご縁をこれからもさらに大切にさせていただきたく精進してまいります。どうぞよろしくお願い申し上げます。