お客様の声|レビュー

皆様から【おとなの和食器屋 さんすい】にいただいた「大切なお声」は、掲載のご了承をいただいうえで、プライベートな部分を省略したり投稿者様のご要望による変更を除いては、出来る限りそのまま掲載させていただいたおります。(都合の良い改ざんや、それに類する行為は一切いたしません)

和食器ジャパネスクモダンの達人 17/04/20 福岡県T様 より


さんすいワールド

へうげものが肉料理にもバッチリと合うことをお伝えしたく、メール致しました。(お腹の空いた主人に急かされ、焦って撮影したので、お皿の向きを間違えてしまいましたが。)あらためて見ると、グラスやカテラリーも『さんすいさんのもの』で揃えた方がいいな~、と思いました。さんすいワールドにハマってゆく私です。

IMG_0871

黒いお皿大活躍

頂いた器の中で活躍しているのが、これ↓と黒い三角の中皿。多くの食材の色と、よくマッチしてオシャレです!

IMG_1007

和食器屋さんすい 店主 より


T様、素敵なお写真とお便りありがとうございます。

時代をさかのぼると明治以来、私たち日本人は西洋の文化を上手に取り入れて花を咲かせてきました。 建築では古くは鹿鳴館そして上高地帝国ホテル、身近な例では木村屋さん発祥といわれるアンパンなど思い出しますね。

素直に受け入れる文化

拒む事をせず素直に受け入れて消化する・・・。私たちが普段あまり気づかないこの気質と言いますか文化は、例えば震災の時にも如実に現れているようで、暴動・略奪等も少なく海外の皆様の驚きを誘っているようです。

もちろん公的機関やボランティアの皆様の尽力のたまものでもあるのですが、根源は「自然を受け入れ、(心で)消化する」という私たち日本人の文化があったからではないでしょうか。

そしてジャパネスクモダン

今回のお便りを拝見して私たち日本人はやっぱり素敵だなぁ・・・と、あらためて嬉しく感じております。 同時に、この素敵なコーディネートを素敵と感じる日本人って素敵だなぁともつくづく感じてちょっと幸せです。本当にありがとうございます。

土物和食器(陶器)が石物和食器や洋食器(磁器)と違うのは、色・形に加えて素材のテイストという要素がひとつ余分に加わるんですね。 例えばこの片押大皿の場合はゴツゴツした凹凸感です。それもナチュラルなテイスト。

さてさて、いつものようにお話しが随分お散歩しちゃいました。(^^;すみません。
器だけでなく、家庭の温かさを感じるT様のお料理も素敵、そしてそれをモダンに演出していらっしゃる事は素晴らしいと思います。 店主も女将も励みになります。

黒い和食器とガラス

黒は素材の色が映える究極の色なんです。 と同時にガラスとの相性がかなり良いですね。 普段は「色かテイストかどちらか合わせてください」と申し上げる私なんですが、この黒い和食器にだけはガラスは無条件にマッチします。 それも大人の雰囲気で。

さんすいのガラスの品々はまもなく追入荷予定です。 お待たせして申し訳ございません。今しばらくお待ちいただきますようよろしくお願い申し上げます。

素敵なお写真とお便りにあらてめて深く御礼申し上げます。

存在感ある和食器たちで楽しく料理 17/04/17 東京都O様 より


お世話になっています。
本日8時半に注文品届きました。
想像通り、盛り付け映えのする器達に感激です!!
粉引き、焼き締め、白もの、黒もの、大好きな私の
食器棚に存在感のある器が加わり、料理が楽しくなりそうです。
又ネットショップ拝見させていただきます!
有難うございます。

和食器屋さんすい 店主 より


O様ありがとうございます。 対比という言葉がありますが、このシリーズさん兄弟にぴったり当てはまる言葉ではないでしょうか。

その1:黒でお料理の色を引き立てる
黒・・・しかもこの現在のこのシリーズは漆黒の色。 暗転した舞台に浮かび上がる役者の一挙手一投足が、衣装が見事に映えるのと同じです。

その2:ゴツとした存在感の器の中で、お料理の優しさが引き立つ
屈強な男たちの中にドレスを羽織った女性のあなたが一人立っている・・・。あなたの美しさだけでなく優しい雰囲気がいやがおうにも強烈に引き立ちます。

私たちは、ついつい額縁や舞台装置である和食器たちに美しさなどの理想を求めがちなのですが、本当は主役であるお料理映えを一番に考えなければならないのかもしれません。
今回O様にお届けした器たちを見てそう思う店主なのでありました。

さて、食器棚の中はバライティーにとんだ和食器たちでとっても賑やかなようですね。
次回もO様のお眼鏡にかなう器たちを女将とふたり、がんばって送り込みたく存じます。もう一度、心より感謝申し上げます。

和食器のご感想 17/04/13 大阪府W様 より


本日品物受け取りました。 敏速な対応に感謝いたします。2個ともイメージしてたとうりで満足しています。又メールで扱い方など教えていただき有難うございました。 大切に使用させていただきます機会が有りましたら宜しくお願い致します。

和食器屋さんすい 店主 より


W様、ありがとうございます。 かいらぎシリーズは良くも悪くも個性の強い和食器たちですので、今回のようなご満足いただいたお便りをいただくと嬉しいのとともにホッとします。 織部斑紋丼はシックな中に土物和食器らしい釉薬の美しさを持つお品です。 特に明るい色の麺やご飯類がとても映えます。 どうぞこれからもよろしくお願い申し上げます。

シンガポール I 様より 冒険してよかったとの声 17/04/09 より


乙木様
この度は素敵な食器たちを送って下さりありがとうございます。お礼が遅くなりすみません。
食器たちは全員無事で、早速使わせて頂いています。 私にとって少し冒険だった木灰釉へうげもの片口小鉢はお漬物専用小鉢にしています。毎日の食卓をほっこりとさせてくれるムードメーカーの様な存在です。
白粉引き輪花浅鉢も黒波目楕円取り皿も丁度良い大きさで、和にも洋にも合い、大活躍です。どれも大切に長く使っていきたいと思います。
HPには魅力的な器が沢山でどれもこれも欲しくなってしまいます…
食器棚とお財布と相談しながら、また注文させて頂くと思いますので宜しくお願いします^_^

和食器屋さんすい 店主 より


I様、ありがとうございます。 こちらこそ、お礼申し上げるのがすっかり遅くなってしまいました。大変失礼をいたしました。
私もそうなんですが、いつも使うものとはちょっと違うもの・・・例えば一番身近なのはお洋服ですね。これまでの自分の揃えたラインナップとちょっと違うものを買うときは小さな冒険ですね。 私も数年前に赤系のシャツを買ったときは女将が目を丸くしていました(^^;。 でも今じゃエンジ・オレンジ・真紅と赤系だけで3枚あるんですよ。ホントに。何だか元気でるんですよ。 今回のI様からのお便りを拝見してそんな事を思い出していました。小さな冒険の積み重ねは人生を豊かにするコツなのかもしれません。

さて、その冒険の相手、木灰釉へうげもの片口小鉢(初めてご覧になる方、「ひょうげもの」と読んでください)はその名の通りユーモアたっぷり、それでいて存在感もしっかりの個性派俳優といったところです。まさにムードメーカーですね。
対して、白粉引き輪花浅鉢や黒波目楕円取り皿は美貌の女優とハンサムでちょっと渋いイケメン。ってとこでしょうか(^^) この二人・・アいや二種の和食器は、和洋中どんなお料理にも、それからガラス食器との相性も抜群なんです。 どんなドラマでも主役級になれるんですね。 どうぞ長く長く沢山I様の舞台(食卓)に出演させていただきますよう、お願い申し上げます。

実は、私も女将もシンガポールには大昔何度が伺いました。 温暖で様々な民族の皆様が生活される美しい都会という印象でした。 アジアの優等生として変貌をつづけていると聞き及びます。 マーライオンは移動して大きなホテルができてセントーサ島は観光開発が進んで・・。 またいつか訪れてみたいですね(^^)

器たちの次の活躍を夢見ながら、もう一度、心より感謝申し上げます。

目指すは名旅館! 東京都T様からの和食器のご感想など より


乙木様

本日、無事にスープボウルとガラス小鉢が届きました。
ありがとうございました。

春夏用に購入したので、今からどんなお料理を盛り付けようかワクワクしています。

今後ともよろしくお願い致します。

※添付の画像は今夜のお料理の一部です。
目指すのは、名旅館の朝ご飯・晩ご飯のイメージなんです。

_20170325_211824_2RXV01088_2

和食器屋さんすい 店主 より


T様、いつもありがとうございます。蛍烏賊と菜の花でしょうか? 海鮮青菜好物人間としてはたまらないお写真です。 ご飯とこれは山葵でしょう。この線引き飯碗の色と溶け込んでいてその間に真っ白のご飯があり、これもまた素敵であります。

毎日のお料理に限らず、仕事も子育ても何でも受け身になっちゃうとついストレスの元になるのですが、少しでも目指すものがあると~心の風景~はガラリと変わるもの・・・。
今回の素敵なお便りを拝見して思った次第です。

さてT様、名旅館のスープボウルとガラス小鉢のお膳、店主と女将は超期待しております。  心待ちにしながら、もう一度心より感謝申し上げます。

 

この緑釉スープボウルのお写真は後日頂戴いたしました。美味しそう・・・(^¬^)

RXV01159
ジャガイモとかぶのスープ、そこにあおさのりをパラパラと振りかけました。