お客様の声|レビュー

皆様から【おとなの和食器屋 さんすい】にいただいた「大切なお声」は、掲載のご了承をいただいうえで、プライベートな部分を省略したり投稿者様のご要望による変更を除いては、出来る限りそのまま掲載させていただいたおります。(都合の良い改ざんや、それに類する行為は一切いたしません)

千葉県M様より二度目のカフェオレボウルのお便り より


白荒目カフェオレボウルペア
商品が無事に届きました。
予約とのことだったので、いつ商品が届くのか不安でしたが、思っていたよりも早かったので良かったです。
この商品は2度目の購入ですが、大きさと、手に持った時のしっとり感がいいですね。
もっぱらスープカップとして愛用しております。
これからの季節、出番が増えると思います。

和食器屋さんすい 店主 より


M様、ありがとうございます。 これを今風?には「リピ買い」と呼ぶのだそうで、今頃気づいたかと叱られそうです(^^; そうですね、早く確実にというのが、欲しい時のお心持ちですから、【ご予約】というのにご不安を覚えるのは無理もありません。 さんすいでは、一か月を上中下旬で分けて、およそのお届け時期をすぐにご案内しております。 だから、「わぁ~~~1時間前まであったのにぃ・・・来月の下旬の入荷予定です。」という事もあれば、同じ商品でも「あ・・・さっき入荷してまだ段ボールに入ってます。明日届きます」なんて事もよくあるんですね。ただ必ずご案内を差し上げ、責任を持ってお届けしますのでご安心ください。

さて、白荒目カフェオレボウルペア。 当店の花形といっても間違いないでしょう。 こんな形を創って欲しいと何度かサンプルをやり取りして、最後はもう少し軽くなってようやく完成して現在に至っています。 一つ一つの刷毛の濃淡による個性も楽しいし、内外のテイストの違いも楽しい。 大き目なのでスープカップにお似合い。 など魅力は枚挙にいとまない和食器です。 M様のお言葉通り、これからの季節は大活躍、出番登場!な器ですね。 嬉しいお便りにもう一度、心より感謝申し上げます。

T様より素敵な生活のお便り頂戴しました より


この度はどうもありがとうございました。

さんすい様のHPはとてもすきで、よく拝見していました。また電話での問い合わせにも、丁寧にご対応下さり感謝しております。

このところ以前揃えた白の磁器が味気なく感じられて一掃したのを機に、「気に入ったものだけ揃えよう」と お願いしました。

丁寧な梱包に感嘆し、届いた器と対面して、すべてが素敵で。うれしくて、「何を盛ろうか」考えたり、ままごとのように家にある器と組み合わせてみたりして、小一時間ほど遊んでしまいました。
今回残した器は、実家から譲り受けた器が大半ですが、しっくりとあう感じがいたしました。

おかげさまで料理するのもたのしくて、鰹節削り器やおひつも迎えて、暮らしむきが一気に和になってきました。

趣のある器は普段の手抜き料理をも底上げしてくれて、器にあまり興味を持っていない家族からも「おいしそうにみえる」と好評で、本当にすべてがお気に入りです。

どうもありがとうございました。

T様の素敵なブログ、てまひまくらし ご紹介いたします。素敵なブログです。

kokorono

 T様お気に入りの和食器たちですね。

和食器屋さんすい 店主 より


T様、丁寧なお便りありがとうございます。
お便りを拝見して、私たち人間は手間や時間と引き換えに様々な大切ものを失っているのかもしれない・・・。なんて正直少し思いました。

白の磁器が味気なく感じられて一掃し、今回残した器は、実家から譲り受けた器が大半との事、お届けした品々がご実家からの器たちにしっくりと合う感じがするとのお言葉でした。 私も若い頃はシャープな緊張感のある白を集めた時期がありましたが、結局先代(両親)が倉庫にコツコツと全国から集めていた土物和食器(陶器)に帰っていきました。 特に味覚も含めて、「三つ子の魂百まで」とはよく言ったもので、懐かしい故郷に帰るとホッと安心するように、今回のようにご実家からお持ちになった和食器たちに温かさと安らぎを覚えられたのではないでしょうか。私共もその通りでした。

素敵なブログも拝見。手間を惜しまない上質な生活を教えらました。猫ちゃんも可愛いぃ♪。 ほんに思い通りにならないのが猫族の魅力ですな。 よろしくお伝えください・・・って知らん顔かなぁ(^^;  もう一度、心より感謝申し上げます。

神奈川県T様よりいただいた和食器の仕上げについて より


呉須麦わら手飯碗、2客購入しました。浅型のお茶碗を探していたので、やっと理想のものに出会えました。
梱包もとても丁寧にしていただき糸底にもヤスリをかけてくださっていたので、細やかなご対応に感動です。
お気に入りの器で食べるごはんはとっても美味しくて、主人と2人でおかわりしてしまいました。

ぜひまた素敵な器を購入させてください。
ありがとうございました。

和食器屋さんすい 店主 より


浅型(朝顔型)のお茶碗をお探しの方は結構いらっしゃいまして、つまり横から見るとスッと直線でせりあがるラッパのようなラインの事です。茶道では夏茶碗でしょうか。 この種のデザインの長所は器の余裕が見せやすい事つまり額縁効果でお料理(ご飯)映えする事、そして二つ目は長所でもあり短所でもあるのですが、容量が見た目より少なくて済む事です。対してふっくら型は量がたっぷり入ります。

さてT様、嬉しい嬉しいお便り、ありがとうございます。 理想のお茶碗に巡り合えたとの事で、何よりです。 私自身、特にお茶碗はガタツキがあったりザラザラだったりがとても気になるので、女将から「それくらいにしたら」と時々注意されるくらい調整します。調整は厚いガラス板の上で行います。とはいえそんな事はお客様はご存じないのでほとんど気付かずにお使いいただいていると思います。 だから今回のようなお言葉は、机の中にしまって時々出しては大切な宝物のように眺めたいくらい嬉しいです。

器は料理の着物。 身だしなみやお化粧となんらかわりないと思います。ある方が、「お気に入りのハイヒールを履くとコッ!コッコツッ!と音まで違うのよ、背筋も伸びるしぃ」と昔おっしゃってました。 今回のT様のお便りで思い出しました。

これからもTご夫妻が、ちょっと食べすぎるなぁ・・・なんて苦笑するくらいのお気に入りを企画してまいりたいと存じます。 これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。
もう一度、心より感謝申し上げます。

神奈川県Y様より赤絵の和食器のご感想 より


先日注文しました赤絵あけぼの丸大皿、届きました。 使い勝手も良く、何よりも美しい赤(朱)色にうっとりです。何を盛り付けても様になる、素敵な器に出会えて幸せです。
対応も迅速で、これからも安心して注文出来ます。
色々有難うございました。大切に使います。

和食器屋さんすい 店主 より


Y様、ご丁寧にありがとうございます。
一口に赤と言っても無数なトーンがあるわけですが、この赤絵あけぼシリーズの和食器の赤の魅力の最大の特徴を創っているのは二種のグラデーションだと思うんです。 ひとつは大きなグラデーション。少し離してご覧いただくと、全体に均一ではなく濃淡が見えます。 そしてよくご覧いただくとご理解いただけるのが粒の細かなグラデーション。実はこの模様こそが言いようのない魅力の一番の理由だと思っています。 いわゆる「ベタ赤」とはまるで違う深みのある味わいですね。これぞ本物というにふさわしい魅力です。 ページでも「漆のような・・・」なんて説明していますが、正直なところベタな漆より魅力的な表情をしています。

普段使いからお正月やお節句、パーティーテーブルなど様々に活躍するこのお皿を選んでいただいた山本様の慧眼にも感謝申し上げます。

群馬県M様より嬉しいお便りです より


念願の長皿と、丼皿、届いて嬉しかったです。
食器は長く使うものなので、自分で見て好きなものを買おうと思っていました。でも、なかなか器との出会いが無く、困ってました。
そんな時、さんすいさんのサイトのお店を見て、好みの器を発見!
実際見て手に取れないので、どうしようか少し悩みました。
さんすいさんのサイトのお店は、器のセンスが好みで、丁寧な器の説明、使い勝手が書かれてあり、店主女将さんの器やお客様に対する姿勢が感じられ、なんだか実際のお店で器選びをしているような楽しい気持ちになりました。
ここならネットで買っても大丈夫!と安心して注文しました。
届いた器達、どれも素敵です。
改めて、必要な枚数を注文したいと思っています。
ありがとうございました。
長皿は、刺身、焼き魚に。丼皿は丼もの、うどん等麺類に活躍しています。

和食器屋さんすい 店主 より


M様、本当に嬉しいお便りを頂戴しました。 ありがとうございます。

私共が携わっているインターネット通販にはご存じのように長所・短所があって、世界中の様々な物を場合によっては一瞬で見つける事ができる・・・。 特にお言葉をいただきました、趣味の合うお店や人(店主や女将)を全世界津々浦々から見つける事ができるすばらしい「ご縁」をつないでくれるツールである事です。 しかしながら、手に取って触れない実物をじっくり見る事ができない、質感がわかりにくいなどの通販特有の短所があります。 リアル店であればポンと陳列してご説明すれば1分でお伝えできる事が写真撮影してのべ数時間をかけてページを作り上げてそれでも足りなかったりします。
今回、M様から有難いお言葉を頂戴しましたが、それも私共が両親の代からの店頭販売から始めていたからだと思うのです。 店頭販売から通販という順でお店を営むと「こんなものでご理解いただけるわけがない」という強い思いが生まれます。 そのために、勢い写真は多くなるはしつこく説明はするは・・・いやはや(^^;  最初から通販していたらきっと気位の高いピノキオみたくなっていた事でしょう。 継承させてくれた両親に、いまさらながら感謝する毎日です。

とはいえインターネットは「ご縁」を繋ぐだけ。ご縁とは「紡ぐ」ものと私たちは考えています。 M様とのご縁、ゆっくりと紡いでいければ幸せです。
もう一度、心より感謝申し上げます。