和食器の重なりや重さについて

和食器の重なり


重なりは横からの眺めでわかる

赤絵花舞とんすいなのですが・・・
2_akae_hanamai_tonsui1_fruit6
和食器屋の赤絵ラインナップの人気者です。

ただ、難点は重なり。

3つくらいが限度で4つになるとちょっと危なくなります。

どうしてでしょう?

答えは横からの眺めにあります。
2_akae_hanamai_tonsui1_yoko1

横から見るとエッジがニュッと内側にはいっているでしょ これが曲者。

ここがひろがっているだけで重なりは良くなります。

でもね

これがあるから可愛いのよん  と女将は言います。

「重なりは横からの眺めでわかる」

和食器屋通販本店のページは説明してるから必要ないんですけど・・・女将(n_n)

重なりの良さは高台でわかる

さてもうひとつ。(^^)

こんなお皿はどうでしょう
2_shiro_hakeme_oozara1_dessert4

2_shiro_hakeme_oozara1_kasaneru_2

10枚くらい重ねても大丈夫じゃないかい?
と思わせるほどの安定度

エッジはというと・・・ 確かに内側ではなくって外側に開いているしぃ

それにしても安定している・・・

そうなんです、すっごく安定しています。

重いから?

ん~(^^; それもあります。

でも重なっている写真をよ~くご覧ください

皿に隙間がありますでしょ?

そうなんです、この隙間は高台(食器の足の部分)があるから、

だから多少のボディの角度の違いがあっても綺麗~~に重なるのであります。

「重なりの良さは高台あり」

といったところでしょうか。

2_shiro_hakeme_oozara1_ura

 

和食器の重さ


重さは色でわかる?

時は夕食後、織部の器に盛られたおはぎふたつ・・・

先ほどから女将がジッっと見つめています。

悩むくらいなら食べろよ~~

店主の言葉を無視しておはぎを凝視する女将・・・

やおら手を伸ばすとパクリ・・・

「オイシ・・・(●n_n●)」

と首を横に軽く振りながら満面の笑み。

「おはぎの甘い誘惑」に負けた切なさが笑顔の中の八の字の眉に見えます。

全国で見られる食卓の風景。

秋刀魚に梨にシメジにおはぎに・・・

で、、、ちょっと気になる体重計

といったところでしょうか。

気になりますか?「重さ」

ちょっと重さのお話しなど・・・

例えばこの箸置きなんですが
2_sakana_hashioki1_motu1このお箸置、黒と白どちらが重く見えますか?

普通は「黒が重くみえて、白は軽く見える」というのが常識なんですが、

ん???

アタシと女将にはどうしてもそう見えないのです。

そう、

白の厚みや比較的鋭く見えるデザインが、いかにも大理石などの「石」を連想させるのであります。

というわけで色の明暗は必ずしも見た目の重さに比例しないという事がわかります。

私共も、お店のテーブルを重厚にフォーマルに見せたい時には、直線的なデザインを持ったお品を並べる事があります。

逆に軽やかな雰囲気を醸したい時には ゆるやかな曲線のデザインの器を多く使う事が比較的多いですね。

左右対称の綺麗なテーブルはフォーマルな雰囲気を作り出してくれますし、
逆に少しアンバランスな並べ方をする事で、リラックスできるテーブルになる事もあります。

軽そうでじつは重い

ところで、その白でそこそこの重さがあるのだけれど優しく見えるのが、さりげなく贅沢なこのお茶碗。
3860_haiyu_shinogi_gohanchawan1_chazuke3陶器(土物和食器)のように見える磁器(石物和食器)・・・といったところでしょう。

石といえば、、、

小さな石が沢山入っている焼き物が萩焼きにあります。

「鬼萩」と言います。

小さな石を沢山まぜたざっくりとした土に、わら灰釉をかけた独特の器です。

ざっくりとしているだけあって、使い込むうちに石がハゼたり(べつに爆発して飛ぶわけではありません(^^;)全体の色が変化したりと

「萩の七化け」という言葉を地で行くような器です。とにかく使い込んで使い込んでさらに味がある和食器になるわけです。

萩焼きの中でも、特に荒砂などの含有率を多くして独特の土っぽさを表現したものを鬼萩などとよんでいますが、下のお湯のみなどはまさにそれ。

2_hagiyaki_daruma_yunomi_onihagi1_shuseki3持った時に表面がザラザラかというと全く違っていて、むしろ滑らかな手触りです。

いかがでしたか?

とは言っても一般的には暗目の色はやはり重そうに見えます。 ただ、それだけではない・・・というお話しでした。 通販の場合は、手に取ってみる事ができないので、重さ表示と、主観ではありますが私の正直な感想もできる限りページでお伝えするようにしています。