こくゆう はけめ じゅうばこ にだん

シックな柔らかと立体感を見事に両立させたボディに躍動感ある刷毛目模様のアートなお重箱

3878_kokuyu_hakeme_jyubako_nidan1_main1

 一品市 

●限定!売り切れ御免の一品市●
再入手が困難であったり、仮に入手できても価格が高くなっているなどの諸事情により、原則として現品限りの販売となります。お申込後のお取り消しやご返品はご容赦いただいております。


独特の立体感ある造形に、指でふれると溶けてしまいそうな錯覚をおぼえるほどの柔らかなテイストを持つボディの釉薬使い。 このお重箱の真骨頂は実はここにあるような気がします。 そしてそこに描かれた「動」と「静」の両方を感じる刷毛目模様。

馬場勝文氏の初期の作品同様の存在感をもちながら、さらに洗練された大人に脱皮したようなアートな和食器のご紹介です。

今回は、ほぼ同じイメージの作品を二つご用意しております。

3878_kokuyu_hakeme_jyubako_nidan1_f2

3878_kokuyu_hakeme_jyubako_nidan1_g1

品名 黒釉刷毛目重箱二段/馬場勝文
品番号 1-3878-F, 1-3878-G
サイズ 縦15.5㎝×横25㎝×高さ14㎝
(二段かさねての計測)
重さ 3500g(二段合計)
価格 売約済み

商品特性上、サイズ・容量・重さに多少の誤差がございます

入荷毎のご案内
黒釉刷毛目重箱二段/馬場勝文
1-3878-F 黒釉刷毛目重箱二段 F
おとなの和食器屋 通販本店 カートに入れる
黒釉刷毛目重箱二段/馬場勝文
1-3878-G 黒釉刷毛目重箱二段 G
おとなの和食器屋 通販本店カートに入れる

黒釉刷毛目重箱E

|黒釉刷毛目重箱二段/馬場勝文

|黒釉刷毛目重箱二段/馬場勝文


お重は「広げる楽しさ」ある和食器


|黒釉刷毛目重箱二段/馬場勝文

|黒釉刷毛目重箱二段/馬場勝文


重ねてお重箱のテイストを十分に堪能した後は、一段ずつひろげていく楽しさ・・・・
お重箱はそんな食卓のエンターティナー的和食器なんです。

お料理がもりつけてある写真は、以前公開しました旧作品のものを拝借しております。

|黒釉刷毛目重箱二段/馬場勝文


アートな和食器は手仕事で生まれる


|黒釉刷毛目重箱二段/馬場勝文

|黒釉刷毛目重箱二段/馬場勝文


建築家フランクロイドライトの作品に落水荘(Fallingwater)という自然の中のそれは美しい建物があるのですが、そのイメージをそのまま感じるような優秀お重箱です。

 

|黒釉刷毛目重箱二段/馬場勝文


黒釉刷毛目重箱二段大きさなど

一段それぞれの内寸(お料理が入る部分の大きさ)は
縦13㎝×横22㎝×深さ5.5㎝
となります。 縦幅がちょうどCDより少し大きいくらいです。 お節料理ですと2~3名様分といったところでしょうか。 ただ、最近は小さめの重箱をご希望される方が多い印象ですので個人差がかなりあります。 裏の接地面は無釉で、下の段はフラット。 上の段はご覧のようにわずかに滑り止めの段差を施しています。 下段の裏は、私が磨きあげますので多少黒くなります事をお許しください。

この作品は、磁器の汎用品でみられるような型物ではありません。 窯の中での伸縮の変化の激しい土物の手作りですのでご覧のように多少の隙間があります。 テーブルとの接地面(下段下)は私が調整いたしますが、それ以外につきましてはご了承くださいませ。

サイズ 縦15.5㎝×横25㎝×高さ14㎝
(二段かさねての計測)
重さ 3500g(二段合計)

商品特性上、サイズ・容量・重さに多少の誤差がございます


お重箱作品 F の四方からの眺めです


|黒釉刷毛目重箱二段/馬場勝文

|黒釉刷毛目重箱二段/馬場勝文


|黒釉刷毛目重箱二段/馬場勝文

|黒釉刷毛目重箱二段/馬場勝文


お重箱作品 G の四方からの眺めです


|黒釉刷毛目重箱二段/馬場勝文

|黒釉刷毛目重箱二段/馬場勝文


|黒釉刷毛目重箱二段/馬場勝文

|黒釉刷毛目重箱二段/馬場勝文


品名
黒釉刷毛目重箱二段/馬場勝文
こくゆう はけめ じゅうばこ にだん
品番号 1-3878-F, 1-3878-G
価格 売約済み
入荷毎のご案内
黒釉刷毛目重箱二段/馬場勝文
1-3878-F 黒釉刷毛目重箱二段 F
おとなの和食器屋 通販本店カートに入れる
黒釉刷毛目重箱二段/馬場勝文
1-3878-G 黒釉刷毛目重箱二段 G
おとなの和食器屋 通販本店カートに入れる

どんな事でもご質問大歓迎!店主や女将にお聞かせください

お名前 *
メールアドレス *
ご希望の個数 *
お待ちいただける期日 *
購入希望時期
内容