ギフト・引き出物

和食器を選ぶ

≫ ちょっと聞いてみる

何より、あなたからの心のこもったご引出物。第一に「あたな自身が気に入った和食器」、第二に「先様にお使いいただける和食器」、第三に「ご予算」。この3つをしっかりと見据えて探してみてはいかがでしょう。

通常の引出物は受け取る方の年齢の幅が広いのが特徴です。先様の年齢に合わせて数種類の和食器をご用意するのも良いかもしれません。

「お料理映えする和食器で幅・長さが、それぞれ30cm程度に収まるような、大きすぎない品」を基準に選んでみるのもよいかも。折角、選んだ引出物ですから、使っていただく事を第一に考えたいものです。もちろん、お選びいただく前に実際のお品をご覧いただく事も可能です。お気軽にご相談ください。

ちょっとお耳に… (^^)

ご婚礼にはまだ時間の余裕があって、品物選びに迷ってらっしゃるあなた。
一度「フリーマーケットやバザー」に出かけてみましょう。小中学校のPTAや神社・NPOなどが行っている事が多いのですが、世の中の家庭の「不要品」が一目瞭然です。逆に引出物選びのよい参考になりますし、ついでに新居の家財道具も物色しちゃいましょう。

見積もりを依頼する

≫ 見積もりを依頼する

引出物は、ご希望の和食器と個数・時期などを書いて、見積もりを依頼しましょう。通常3営業日以内に回答いたします。お気軽にどうぞ。もちろん複数の種類の和食器のお見積もりも、喜んで承ります。引出物を渡すお相手の年齢層や、あなたのお考えもお聞かせください。頂戴したお言葉ひとつひとつを大切にしながらお見積もり、お手伝いさせていただきます。

通常、総額10万円以上の引出物ご依頼の場合、お品や数によって5~15%程度のお値引きをさせていただき、ラッピング手数料(通常@300円~450円)を加えてお見積もりいたします。(ブライダルセレクト商品は、お値引き対象外となります。)

引出物のお見積もりの目安は、総額が10万円程度からとなりますが、少なめでもご遠慮なくお申し付けください。

ちょっとお耳に… (^^)

当店の和食器やガラス食器のほとんどは、比較的小さな工房で手仕事により作られ、量産品ではない為に 製作に1ヶ月以上を要する場合も多々あります。お申し込み順での製作を行いますので、納品まで1ヶ月を切りますと引出物のご選択の幅が大変縮まる事にもなりますので、できる限り早めのお見積もりご依頼をされる事を強くお薦めします。間際のご希望でも、作り手の仕事や当店在庫の範囲内で、できる限りご要望にお応えしたいと存じますので、あきらめずにお聞かせください。

注文する

≫ 注文する

通常、引出物の製作期間は3週間から5週間をみています。お品によってかなりの差がありますので、その都度お問合せください。(即日出荷できる場合もございます)

引出物は、予定数より少し(2セット程)余裕をもって、ご依頼になる事をおすすめします。余っても、ご自身の和食器として使える数くらい残れば賢いと思います。

img1

▲ ページTOPへ

引出物を入れる化粧箱を選ぶ

≫ ちょっと聞いてみる

   

落ち着いたエンジ色を基調とした内箱、
高級感あふれるパールホワイトの外箱のツートンカラーの
人気スタンダードデザインです。
ご婚礼・内祝いなどのお祝い事にお薦めします。

img1

img2

シックな濃紺の和紙を使った
「和」の雰囲気が漂う外箱と無地白の内箱。
(仏事などの引出物に)

熨斗(のし)について

≫ ちょっと聞いてみる

婚礼・内祝い・お見舞いには水引熨斗を使用します。
送り主様のお名前は、女将がすべて筆書きいたします。

img3

例えば、ご婚礼用の水引熨斗(のし)紙は、鶴亀松竹梅押模様の(小型の化粧箱の場合は鶴亀のみ)和紙を使わせていただきます。

img4お名前は、女将(書道温知会師範)が手書きいたします。

*通常の熨斗は1箱につき50円ですが、写真のような立体水引熨斗を使用する場合は100円でお見積もりさせていただきます。上記の熨斗の押印模様や有無は、熨斗の大きさによって変わります。

引出物にメッセージを添えて・・・

≫ ちょっと聞いてみる

img5
【洋スタイル】

1_wrapping1_message2_noshi2
【和スタイル】

大切な方へのメッセージはいかがですか。
メッセージカードは、左記の和・洋スタイルのどちらかをご選択いただきます。和スタイルの場合は、別紙にて「お取り扱いのご注意」をご案内いたします。贈り物にほんの一言添えるだけで、「心」は確実に先様に届きます。

【洋スタイル】は印刷となります。ご自身の画像やイラスト(お客様作成)をご送付いただければ挿入する事もできます。カードの裏には、万一に備えて、和食器屋の連絡先やお届けした和食器のお取り扱いのご注意を記入いたします。

【和スタイル】は、あなたの思いを女将(書道温知会師範)が心込めて代筆させていただきます。写真の大きさの一筆箋でのメッセージ(35文字まで)、熨斗をご希望の場合も同様に手書きさせていただきます。

 

連絡先に「フリーダイヤル」をご用意しておりますので、万が一の際も、先様よりご負担なくお知らせいただく事ができます。カードには原則としてURL(www.sansui.or.tv) は入れません。お客様のご希望によっては、「おとなの和食器屋」の表記をせず、私どものリアル店名(創作工房さんすい)のみの表記とする事もできます。

▲ ページTOPへ

引出物の包装(贅沢に品よくシンプルに)

≫ ちょっと聞いてみる

引出物の包装紙としては、贅沢な日本製和紙を使います。明るい柄ですので「洋」の雰囲気にもお似合いです。

最近は、ほとんどの引出物の包装紙が、輸入物になってしまいましたが、「さんすい」では鳥取から取り寄せた和紙を使用いたします。和紙風ではなく和紙を使わせていただくわけです。一般的に使用される包装紙より温かみのある雰囲気となります。

固く薄く透明感のない一般的な洋紙(包装紙)と違って、和紙は やわらかく包装に少し手間を取りますが、独特のやさしい風合いが、引出物のお品全体に「品格」を与えてくれます。また内熨斗(熨斗の外側からの包装)の場合も、和紙を透して熨斗が控え目に美しく映り、記念品ではなく、「大切な引出物」である事をさりげなく主張してくれます。とても品よく映り、真心を確実に伝えてくれます。良質の包装紙だからこそ、自信を持ってお薦めいたしております。

包装紙の模様は異なる場合がございますが、すべて穏やかな白基調です。当店のロゴ等の印刷もありません。

■引出物のラッピングは化粧箱に熨斗をかけてから、和紙包装いたします。ご希望により和紙包装の上から熨斗をかける「外熨斗」も承りますが、移動中(当店→お式会場→ご参列者のご自宅)にせっかくの熨斗が傷んでしまう事を考え、内熨斗をお薦めしております。

img7

img8

ご送付について(配送も品質のひとつです)

≫ ちょっと聞いてみる

熨斗をかけて和紙包装された大切な引出物は、緩衝材を入れたダンボールに入れ、大きな荷物の場合は、箱の底面外側からさらに緩衝材を貼り付けて、ご覧のように丁寧に紐をかけてご送付します。

多くの場合、お荷物は私共から式会場に直接送られ、皆様の目には直接触れる事はないのですが、このようにして大切な引出物を、間違いなく確実にお届けする為に、これまでの経験をもとに様々な工夫努力をさせていただいております。

※ 比較的小さなお荷物の場合には、外側底面への緩衝材の貼り付けは行いません。

※ ダンボールの色は、ナチュラルブラウンの場合もあります。贈り主ご本人様への配送の際は、地球資源保護の観点からダンボールのみ再利用品を使用させていただく場合もございます。

img1

img2

少し控えめに私どものリアル店名《創作工房さんすい》みがプリントされたダンボールに、壊れ物などの表示をできる限り行い、先様へ大切に届けられます。 何よりお客様の「心」をお伝えしたい。 いつもそう願っています。

お問い合わせ、ご注文を、心よりお待ち申しあげております。

※ 上記配送例写真は宅急便利用の場合の一例です。 お品や大きさ、数などによって仕様は異なります。

▲ ページTOPへ

和食器の引出物について、
店主・女将へのお問い合わせはこちら

の欄は必ずご入力ください。お見積もりご希望の方はすべてを必ずご入力ください。

お名前
メールアドレス

★お間違いのないよう、お願いします

ご贈答の用途
お式日 20
ご予算
個数 個(およそで結構です)
お聞きになりたい内容(ご希望の品、ご意見、ご希望何でもご遠慮なく))

お見積もりご希望の方は 「商品名(番号)複数可」 を必ずご記入ください。
式場への「持込み料」がかかる方は、式場名と持込み料をお聞かせいただければ、考慮させていただいたうえお見積り申し上げます。「引き出物の和食器セット」につきましては通常30個(セット)までは表示価格と同料金となります。

 

出来る限り速やかに、誠実なご回答をさしあげます。恐れ入りますが、ご回答メール到着確認のご返事を簡単で結構ですので必ずお願い申し上げます。ご返事ない場合は、念のため再度ご送付申し上げます。
恐れ入りますが、メールアドレスをもう一度ご確認くださいませ。